top

 

 スポンサードリンク

甲イカの食材使用法

 甲イカ(コウイカ)の食材使用法

 私の地元では甲イカと呼んでいますが
 
 
 この甲イカは実際何の食材として
 使われていると思いますか?

 実はちゃんぽんが多いのです、
 食感はコリコリしていて、しっかり
 イカの風味もする。

 価格もそれ程高くないし、業者にとっては
 安く、美味い、で重宝されているようです。

 見た目は少しグロいんですけど、
 味はしっかりしています。

 えーこれがちゃんぽんに使われているの!
 って思わずに甲イカって美味しいと
 思って下さいね。

 

 甲イカ関連  


鮪(マグロ)の由来

 鮪(マグロ)の由来

 上五島には有川湾があります。
 この有川湾には北を向いてVの字になっています。

 Vの左側\が魚目の漁業許可範囲、
 Vの右側/が有川の漁協許可範囲、

 これが合わさってVになるのですが、

 かなり昔に有川湾は鮪が大漁に獲れていたと
 聞いています。

 型は約4kgですが、これが北上して
 大型の鮪になる。

 現在でこそ、鮪の漁獲高は少なくなって
 いますが、この鮪の字、

 ピン!ときました?

 そう、魚目の魚、有川の有が一つになり
 鮪となったと言われています。

 この説は地元では有名な話です。

 

 鮪(マグロ)  


今からはイトヨリダイもいい

 今からはイトヨリダイもいい。

 

 イトヨリダイの大型は白身で刺身や
 塩焼き等にしますが、実は少しやわらかい。

 小型のものは京都方面に流れ料亭等の
 お吸い物に入ります。

 画像は定置網に入ったものですが、
 基本的に一本釣り。

 多いときには一人で約50kgも釣ってきます。
 魚の色からして暑い時期に獲れますが、
 価格は大型よりも小型の方が高いのです。

 魚自体にはそれ程臭味はなく食べやすいですよ。

 

 その他のイトヨリダイ  


黒ムツの塩焼き

 黒ムツの塩焼き

 黒ムツは秋に主に水揚げされますが
 実は春にも少量ですが水揚げされます。

 

 春は秋に比べ大型のものが網に入りますが、
 オススメの食べ方は塩焼き。

 内臓とエラの前処理をして、軽く振り塩、
 冷蔵庫で1日寝かします。

 ムツは骨が少なく、白身で食べやすい、
 そして、美味しい。

 私の地元五島では塩焼きして食べますが、
 丸のままでも、開きにしても構いません。

 どちらにしても美味しいのです。

 鮮魚コーナーで見かけたら是非試して下さい。
 美味しさにハズレがない魚です。



 ムツの商品関連
   


天然真鯛

 天然真鯛

 今の五島の定置網には、たまに真鯛が
 漁獲されます。

 

 もちろん天然ものです。

 しかし、価格が安い。昔は
 「腐っても鯛」との言葉がありましたが、
 最近はどうなのでしょう。

 この天然ものの真鯛の味は最高です。
 刺身や茶漬け等いろんな料理がありますよね。

 ちゃんと殺しを入れて、神経抜きをします。
 すると身が硬くならずやわらかい状態が長くなるのです。

 価格は安けれど、腐っても鯛なのでしょうね。

 五島列島の鯛
   


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら